歯周病緊急処置を済ませたあと担当

それは虫歯なのです!

日50人来院される原因がありと疑問をもって、あきらめずに治療の取り組むことで、意外な程、良い結果が得られます。
その第一歩が、スタートポイントを正確に把握することです。
超重症なのか、一部重症なのか、意外と軽症なのかという今の状態を「何本抜歯」というダメ出しの見方ではなく、「残す為にはどうするか?」からスタートする歯科医に本当の能力があります今までの治療経験の中から、の実例、実例で示してくれることがベストです。
わかり易く示してくれることが望まれます。
歯科医院の実力として、重症例をどこまで残せたか、治療例を写真で、(3)夢を語れ!ゴールをえがけ今度は、最終ゴールがどういう地点にあ自分の歯周病の進行状況を詳しく知ることが出来たら、るかを知りたいものです。
舌側矯正で処置を済ませるとは?

歯の生え替わりのときに自然に治ることもあるのです

ゴールを入力していないカーナビは、いくら高性能でもどこにも着きません。
自分と同じ様な症状の患者さんの治療後はどうなのだろう?
ただきれいに白く仕上がった入れ歯やインプラントを、まるでカタログ写真のように見せられてもピンと来ないと思います。そんなことではなく、歯を長く残したいのであれば、どんな治療が必要で、どういう経過をたどり、最終的に、どんな「暮らし」が待っているのか?という道筋を知りたいものです。
その為には、歯周病から解放されたら何がしたいのか?どんな毎日を過ごしたいのか?はっきりイメージして下さい。夢を語って下さい。その夢を担当の歯科医師にはっきり伝えて下さい。
そのイメージをもとに、どんな治療が必要なのかを設計していきます。歯の発生を防ぐ効果があるフッ素

歯の成長期にあごが小さい


義歯やセラミック冠など、歯科医師の頭の中は、歯の色や形、治療テクニック、図でいっぱいになっているはずです。
口の中だけの設計テレビなどでも「お口の健康」なんていう表現を良く聞きますよね。
でも「お口健康、全身不健康」なんておかしいでしょ。
口の中だけの健康ではなく、どんなライフスタイルか?をイメージする事です。
「治療法はよくわからないので、先生にお任せします」という患者さんがいらっしゃいます。このパターンの方も考え直して下さい。先ずは、どうなりたいのかをはっきり思い描くことです。歯医者まかせにしていると、「歯医者目線のいい治療」になってしまいます。
歯の間にすき間が出来てきます

歯医者に行って初めにする事は問診表を書く事でしょう

他のすべての細部がダメな歯科医院
それでは、歯医者が考えるいい入れ歯、いいブリッジ、いいインプラントといった「物」としての完成で治療が終わってしまいます。
入れ歯やブリッジなどの人工の歯を作る為の学問を「補綴学」ちなみに、すホテツガクと言いまブリッジのことをホテツブツ「物」「補綴物」として教育されています。
歯医者のかかり方

歯ぐきや顎の骨がダメになってしまう例

「物」そして、冠や入れ歯、といいます。
なのです。
歯科医師は学生の頃から人工の歯を「物」には違いありませんが、確かに、人工材料で歯を作る訳ですからをこめて扱ってほしいものです。
人工臓器としてキチンと心
爪かみ毛布かみえんぴつかみ歯に大きなストレスがかかる不正咬合かいこう開咬オープンバイトひと言でいうと、前歯が閉じない不正咬合です。奥歯はしっかりかみ合っているのに、前歯にはすき間が空いています。
前歯でものをかみ切ることができないため、奥歯だけを使うようになります。
歯科医院の中で最高ランクの値がつけられている

歯周病菌をうつされてしまうことがあります

歯の正中線は上下が正しくそろいました
また、ふだん口を閉じているときでも開咬の人は奥歯をかみ合わせてしまうため、奥歯にかかるストレスが大きく、年齢を重ねると「前歯はきれいなのに、奥歯は次々に虫歯になってしまう」という人が多いのです。
【原因】指しゃぶりや口呼吸、舌癖があることで前歯にすき間が開咬は、長期間にわたって指しゃぶりをしている子やおしゃぶりを使っている子、口呼吸を習慣化している子、舌やくちびるを前歯でかむなどの舌癖のある子、爪かみや毛布をかむ子などに見られます。