歯を作ります冗談ですね

歯の寿命については

「ああ、この人は自分のことをわかってくれようとしているのだと感じてもらうのです。質問して相手のことを聞いてあげると同時に、「自分は聞いてもらったのだと患者さんに認識してもらうことこそが重要なのです。コミュニケーションにおいて「質問力」は非常に重要なスキルです。「ほめる行為が持つパワー」を知っている。これはとても重要でとても深いことです。人は生まれて来て、唯一決定している、どうしても避けられないことがあります。です。その決まっている「死」に対してどう生きるのか?それは「死」生きるということは、「いかに人から自分の存在を認めてもらえるか」んなことでも人からほめてもらうということは、「人に認めてもらったできるだけ「生きた証しがほしい」「認められたいと思うのです。に尽きます。そして、どと感じるのです。誰もがですから、人は「自分をほめてくれる人」「この関係を維持したいと思うのです。に好感を持ち、親しみを覚え、「そばにいて欲しい」ある、いじめのまったく無い学校の先生の話ですが、その先生は「ひたすら子どもたちをほめることを徹底している」と聞いたことがあります。毎日、「ほめられること」「友達をほめることが習慣になっている子どもたちは「相手の良いところを探すクセ」がついているので、いじめは起きないのだと思います。そういえば自分も、最近毎日、楽しくて周りの人みんなが愛おしいのは、みんなの「良いところ」を探すクセがついているから毎日ウキウキしているのだと思います。人をほめることができる人は、どんなに大きな困難が来ようとも、それに打ち勝つ「深い愛」をいっぱい受け、自分も他人に「深い愛」を捧げることができる人になります「その人の良いところを見つける」という素晴らしいほめるパワーがあれば、世の中から「いじめも「差別」もなくすことは、きっとできるはずです。

なかなか症状が改善しない理由

  • ンプラント治療の際のリスク
  • 歯を磨いていても人から
  • 歯を並べることを排列と言います


歯並びだけど何にも食べられないの


歯磨き粉を上手にやめるために

尖った歯は歯並びの中では前の方にありますが、牛は特に上の前歯がありません。それは、草は歯ではなくて舌を使ってちぎるからですね。舌でちぎった草は、奥歯と幾つもの胃を使って、何度でも何度でも奥歯で潰して食べますね奥歯はそのために、臼のような平らな形をしています。だから奥歯を臼歯といいますね牛が草を丸呑みしていたら大変です。草を消化できませんね基本的に草食動物は、奥歯で何度も何度も噛んでいますね。何度も噛まないと、その後に内臓で消化できません。ライオンは丸呑みしても消化できますが、牛は丸呑みすると消化できないのです。その違いが歯の形の違いであり、使い方の違いです。

歯になっていきます

もちろん食べ物が違うということは、消化するための内臓の形も機能も消化液も違います。歯の使い方は動物によって完全に違っているのです。歯の形で決められた食べ物以外のものは、その生物にとって有害なんですね。人の歯の形を知ることは、人が何を食べたら良いかを教えてくれますね。歯の形の違いとは?人の歯は不思議です。それは、ライオンみたいな尖った歯と牛みたいな臼の形の両方を持っています。ウソです。ライオンの牙のようには尖っていませんね尖っている歯を持っているのはドラキュラ伯爵だけでした。人の歯の形は複雑で何種類もの形の歯を持っています。


歯みがきはおしまいねとたっぷりほめて終了します

歯はメイクできないのです

引退の危機から復活した声楽家前節で体の重心が正中線上に入ると体が軽くなり、運動能力が向上すると申しました。さらに、猫背も改善するので呼吸が楽になり、呼吸が楽になると酸素が十分体内に取り体温が上がれば体の冷えが解消すると同時に、慢性頭痛が軽減または消失していきます。併せて脳下垂体に影響を与え、入れられるので体温が上がります。また、咬合のバランスが取れると、脳に対する血流量が増加しリフレッシュします。内分泌系に働いて生理痛が軽減し、排卵の周期も安定してくるせいか不妊症の方に子供が授かるなど、思わぬ喜びを何度となく聞かせていただきました。これも、オキシトシンの働きのように思われます。個人差があるとはいえ、まだまだ多くの症状の改善が確認されています。たとえば、次のような例をお話ししましょう。Mさんは50代半ばの女性音楽家です。私の職業は音楽家。


インプラントと味覚の関係

クラシックをベースにポピュラーの世界で活躍しているという感じで、作曲や編曲をしたり、自分でも演奏したり、歌を唄ったりということもやっていますそんな舞台に出ていたある時に、腰をおかしくしてしまい、外科で診てもらったところ、第三と第四の腰椎がずれており、さらに股関節にも痛みがあって、背中や肩にも痛みを感じるようになっていました。やはり予想していたとおり、ヘッド-バランサーでMさんの体を診ると、そこで、体の芯にスーッと、本筋が通ったというのが実感でした。あごバランスの重心がかなりズレて、さらに重心プレートを作って装着してもらいました。歪んだ状態になっていました。重心が安定して全身のバランスが整うようにOBCを調節し、その時の実感を彼女はこう語っています。まさに“快調、噛み合わせだけで体ってこんなにも変わるものかと正直びっくりしましたね。快調”と、体も大喜びしている感じでした。ここで、こう続けて言ったのです。