歯ブラシが悪いと思う人が多いです

歯宣告なのかもしれませんブ衛生士さんと

歯は生え替わるから大丈夫と思っていたのだそうです
そこで、初期は、毛先を歯肉とは反対の方向に向け、ブラシの毛束の腹を使ってブラッシングするケースもあります。こういったブラッシングを続けていると、歯肉の腫れが引いて、痛みも出血も無くなってきます変化に合わせて、毛先の向きを変えていくのです。徐々に、歯に対して直角から、歯肉の方向を向けられる様になってきます。そして、歯と歯の間を表から裏側に毛先が通り抜け、舌先でも触れる程になってくるでしょう今度は、歯肉がグッと縮んできます。歯と歯の間には、クレーターといって、くぼみが出来てきま洗面所で明るいライトを用意しておいて、これは、はじめはちょっと苦痛かもしれませんが、かりマスターして下さい。しっとはいえ、忙しい現代人のこと。これが出来る人、続けられる人は限られます。

歯並びが崩れることが起きます

治療開始直後の時期を過ぎ、洗面所教室でブラッシングをマスターしたら、だんだん洗面所がしんどくなってきます。一度「今日は、まあいいか...」といって、サボリ癖が出ると、これをきっかけにブラッシング習慣が手抜きになってきます。そこで次のステップとして「私は大丈夫!」と思っていても、皆さんこの落とし穴にはまります。覚えた欲しいのは、「ながら磨き」です。基本は歯磨き粉を使わないことでしたよね。覚えていますか?歯磨き粉を使わなければ、ブラッシングはいつでもどこでも可能です。一日の生活パターンの中で、ブお風呂の中で、テレビでナイターを見ながら、読書しながら等々、ラッシングしやすい時間と場所を決めて下さい。

 

歯にほとんどかからない方はいます

かみ合わせとしては1本歯がなくなっただけで3/4になるんですね。家を想像してください。4本の柱で屋根を支えている家があるとして、1本の柱がなくなったらどうなるか。残りの3本の柱で屋根を支えることになります。本には、当。然ながら4本で支えていた頃以上の負担がかかります。この負担が歯の周りの組織にダメージを与え、歯周病が進行します。また、空振り状態になった歯は、噛む歯を探して抜けてきます。歯周病が進行すると、歯の周りの骨がなくなってきますが、抜けてきた歯も同様に、骨に埋まっている部分がすくなくなり、歯周病が進行したことと同じ状態になります。歯を抜いたままにしている人は、歯医者さんでしっかり治してください。ブリッジでも、部分入れ歯でも、インプラントでも構いません。放置だけはしないでくださいね歯並びが悪い人も同様です。

歯並びが悪いことは
歯並びのせいで、噛んでいる歯が少ない、本来噛んでいてほしい場所に当っていない、とをお奨めします。矯正治療は、単に見た目を格好よくするのではなく、噛み合わせの改善を最も重要視します。磨きだって、ずっと楽になりますから。ということは、その歯の負担となります。矯正治療をするこそれぞれの歯の負担を減らし、歯の寿命を延ばす。普段の歯歯周病の原因は様々にありますが、もっとも多いのは歯垢によるものです歯垢により、歯肉炎を起こす。炎症により骨が破壊される。骨の破壊が進行し、歯がぐらつき始める。ぐらぐらが進行して、噛むと痛くなり、抜かなければいけなくなる。

 

歯の揺れが大きい時には治療開始初期には

ブラッシングの目的は1汚れ落としと2血液循環の改善、と説明しました。歯周病治療の最大のポイントであり、患者さんも歯科医の側も多くが勘違いしている事がこの部分です。「キレイに磨く事ばかりに注目が集まり、血液循環の改善と歯肉強化の部分がおろさかになっている様です。そのため、早く、効率よく汚れを落とす事がよいブラッシングとされています。電動ブラシのCMを見ていると特に強く感じますよね手磨きでは汚れが残っている事を色素で赤く染め出して、電動ブラシで「キレイに落ちました」なんてやっています。これで歯周病が治るのならば、誰も悩みません。

歯がデコボコに生えていたら

腸内細菌のバランスが崩れるとおなかの調子を崩すように、口腔内常在菌もバランスが崩れたり増えすぎたりすると歯周病を引き起こし、悪化させます。そうすると、歯肉の血液循環が悪くなります。これを改善する為には、「血液循環を良くする為のブラッシング」が必要になります。具体的な方法は後述しますが、重要なポイントが、「ソフトに」と「微振動」と「時間」なのです。歯周病で弱った歯肉は傷つき易く、出血し易い状態です。そんな歯肉をゴシゴシ磨いたらどうなるか想像してみて下さい。弱い刺激で時間をかけてブラッシングすること、つまり、長時間歯肉に弱い刺激を与える事で血液循環を良くして行く事が必要になるのです。弱った歯肉をいたわるように、ソッと、ソーツと。極々軟らかいブラシでしにくに弱い刺激を加えます。腫れて痛む足とソーツとマッサージする感じに似ています「キレイに磨けた」では50点。では、ただじっくり時間をかければいいのでしょうか?