歯科医院に勝つための戦略を駆使する歯科医院を経営していると

歯医者が好きな方は

あるいは、実際に妊娠中や出産後にむし歯ができやすくなったり、歯周病にかかったりしたという人もいるのではないでしょうか?女性は月経、妊娠、出産、閉経と、身体の成長、老化にしたがってホルモンバランスが大きく変化します。妊娠·出産時などは特にバランスが崩れやすく、人によっては味覚が変わったり髪が抜けやすくなったりと、体質に変化が出る方も多いですよね。同様に歯ぐきや骨にも影響が出やすくなっているのではと歯科の分野でも最近言われるようになりました。逆に男性は妊娠も出産も経験しないので、ホルモンバランスの変化が少なく、影響を受けにくいと考えられています。埼玉県では小児歯科の新しい歯科治療を提供している女性はただでさえ妊娠·出産で崩れやすいのに、そのうえ歯にもトラブルを抱えるなんて……本当に、大変ですねさらに女性は更年期になると女性ホルモンが一気に低下し、身体のほてりやイライラ、うつなどいわゆる更年期障害の症状が出やすくなります。閉経後は、女性ホルモンの分泌が減少することで骨粗しょう症にかかりやすくなり、歯を支える歯周組織の破壊を加速させてしまうこともあるんですこうした症例の中に、今後は「歯周病」や「歯ぐきの衰え」なども入ってくるかもしれませんね。まだまだ歯科診療の認識が十分とは言えないのでいつになるかわかりませんが、症例として多く挙がるようであれば、追加される可能性はあります。ホルモンバランスは年齢による身体の変化なので、避けることは難しいですが、「以前に比べてむし歯や歯周病になりやすくなったな」と感じたら、ホルモンバランスの乱れが1つの可能性として考えられることを、女性のみなさんには覚えておいてもらえればと思います。ストレスが唾液の量を減らす現代人の大敵であるストレス。仕事や人間関係、生活面など、あらゆる場面でストレスは積み重なっていきます。

歯医者さんでしっかり治してください

  • 歯を管理するなんて不可能
  • 歯科医として多くの経験から
  • 歯並びが極端に悪化してきているのですが


審美的な役割:あなたの見た目の一部


歯で食べ物をがっちり捕まえて引きちぎりかみ砕き

才を過ぎたら、仕上げみがきのときに6才臼歯が顔を出していないかチェックする習慣を。えてきたら優しく丁寧に仕上げみがきをして、大事な6才臼歯を守ってあげてください。詳しいケアの仕方は「奥歯みがきのポイント」参照虫歯ができる本当の理由を知っていますか?なぜ虫歯はできるのでしょう?少し違います。ところで、「甘いものが歯を溶かすから?」「口の中のバイ菌が歯を腐らせる?いいえ、人は誰でも口の中に300を超す常在菌をもっています。この中の10種類ほどが「虫歯菌」です。虫歯菌は糖分が大好物。お菓子やジュースだけでなく、ごはんやパンに含まれる発酵性の炭水化物も口の中で分解されて糖分になり、虫歯菌のエサになります。糖分が歯を溶かすわけではなく、虫歯菌を増やしているのです。エサを食べた虫歯菌は、ネバネバした物質を吐き出してプラーク歯垢をつくり出し、ここを自分の巣にします。

歯を失うということは

プラークの中で虫歯菌は酸を吐き出します。虫歯の原因になるのはこの酸。酸が歯のエナメル質を溶かすことで、歯はむしばまれていきます。虫歯の原因は、ださい。「虫歯菌」と「糖分」の出会いにあるのだということを、まずは知っておいてく虫歯の発生に必要なのは「虫歯菌」「糖分」、そして「時間」でも「甘いものを食べた滞在時間です。虫歯になる」というわけではありません。問題は、糖分の口の中での発酵性の炭水化物や砂糖の入った食べ物を食べると、私たちの口の中はグッと酸性に傾きます口の中の虫歯菌が糖分を食べて、せっせと酸を吐き出すからです。口の中が酸性に傾くと、歯からはミネラルが溶け出します。歯のエナメル質からカルシウムやリン酸などのミネラルが溶け出すことを「脱灰」といいます。そう、「脱灰」こそが虫歯の始まりなのです。


歯が上下でかみ合わないため

上に書いてあるような治療法は

「体が不自由だから」とあきらめないで、歯医者さん、または歯科医師会に聞いてみましょう。何度も通いたくない。「もう一年近くも以上も通っているのに治療が終わらない」「一回の治療の時間が短いのに何度も通っている。もう少し一回の治療の時間が長くても良いから早く終わらせてもらえないだろうか?再診料で儲けているんじゃないの?」というメールをもらう時があります。なる程、好き好んで歯医者に行く方は少ないでしょうから、早く終わらせたい気持ちは解ります。


歯の正中線は上下が正しくそろいました

ガマンに我慢して痛くなったから歯医者さんに行く方は虫歯も多くある場合がありますから治療に時間がかかる場合もあるでしょうし、丁寧に一本づつ治したいという患者さんもいますから、ここはちゃんと歯医者さんに意志表示しましょう。「多少、回の時間が長くてもかまわないので、何本かまとめて治療していただけますか?」ただし、これには条件があります。それはあなたがキャンセルせずに通えるという事。何本かまとめて治療するには歯科医院としては時間を多く用意する訳ですからキャンセルが入るとその分時間がたっぷりとムダになります。もし時間の都合がつきにくい、仕事の関係でキャンセルしがちというのならば、歯医者さんとしては治療に責任がもてませんし、一回の治療が短い時間で通ってもらう他はないでしょう。ただ単に「はやくしてくれ」と言うのはオススメしません。例えば歯の神経を抜いて中の掃除をして薬を入れるという治療はやろうと思えば、回で治療は終わります。