歯単冠からブリッジまで対応

歯医者につれてよ!

若い技工士さんは華やかで美しい審美治療の分野を目指します。
しかし、この分野にも機械化が迫っています。
CAD/CAMという言葉を聞いた事がありますか?
人の手で仕上げていた部分をコンピューター制御のマシーンで仕上げるものです。
工業界では常識になりつつあるこのCAD/CAMですが、歯科技工の世界も人の手に取って代わるのはもうすぐ、などと言われていますしかし、わたしはこれは大きな間違いだと思っています。
技工の事をよく知らない、わからない歯科医師達の勘違いと言っても良いでしょう。
人工の歯を作るという事は、クルマのパーツの様な規格品を量産するのとはちがいます。

あなただけが特別じゃありませんから遠慮持病がある

わたしは、技工も全ての行程を自分で行いますので、CAD/CAMで仕上がって来たフレームがどれくらいの精度で、どんな調整が必要かということを体験でわかっています。
現状では、「最高の技術」と思っている歯科医師の元へ納品する為に、技工士さんが今までのテクニック以上に手間をかけて修正して仕上げているという状況です。
歯科医師はもっと現実を知るべきでしょう。
また、同時に技工士さんももっと診療現場に出て、患者さんと直接ふれあう必要があると思います。

 

歯ブラシを初体験させる

人間は、患者さんは「モノ」じゃないんです。
このように、技工が出来ない歯科医師の勘違いで、歯科技工、特に入れ歯の分野は壊滅状態になりつつありますそして、その勘違いがインプラントの技工にも広がっています「歯医者が技工を捨ててから、歯科医療のレベルがガタガタになった」という言葉をベテランの先生達からよく聞かされました。
こんな状況では、技工士さんは仕事を続ける事が出来ません。
同じ技術を使うのならば、歯科医師の元でキツい仕事をするのではなく、アクセサリー分野で活躍したい、という若者が沢山です。
ちなみに、わたしの医院の技工設備の中のいくつかは、東京の超有名アクセサリーブランドの工房と同じ機器が入っています。
歯が何本か飛び飛びに抜けてしまうと部分入れ

歯磨きしているのです

大きな声では言えませんが、指輪やネックレスも私の得意分野です技工知らずの歯科医師が、最新技術といってのぼせ上がっているうちに、シッカリ仕上げてくれる技術を持った技工士さんはドンドン歯科から離れています一方で、技工士さん達にも改めてもらいたい部分があります。
医療の一端を担っている仕事という事を忘れてほしくはありません。
技工士さん達と話していると、「自分のやり方」にこだわる人が多く居ることに気づきます。
自分のやり方で、自分のイメージにあった入れ歯や冠を作る事がいい仕事だと思っている節があります。
作る事が目的になっています。
目的は、患者さんの健康のはずです。

歯磨き粉は使うな!

十人十色、百人百様の患者さんの状態に臨機応変に合わせて行く事が求められますモノ作りがゴールの職人さんと、医療人は違うという事を理解していない様ですこんな事では十年以内に、ちゃんとした入れ歯が作れる技工士さんは居なくなってしまうでしょうおそらく中国をはじめとする海外の技工所へ仕事を外注する事が常識になるはずでそうなった時、すいま、日本国内で、歯科技工士の資格がない人が入れ歯などを作ると違法行為になります。

機能的な役割かみ合わせ

歯医者さんに行って早めに綺麗にしてもらいましょうしかし海外へ外注した入れ歯は雑貨の扱いで輸入されています。百均ショップの商品と同じ扱いです。
外注した国の規則で作られた入れ歯です。その国の基準で選択された材料で作られます。
科技工士という資格も、日本の基準も関係ありません。
日本の歯この海外への技工委託に対して反対している人達がいますしかし、私には「身から出たサビ」としか見えません。自分達の努力不足、へ頼まなければならない状況を作っておいて、これを規制しろといっても、せん。


歯医者さんに行って早めに綺麗にしてもらいましょう 歯単冠からブリッジまで対応 歯がぐらつき始める