歯医者さんに行って早めに綺麗にしてもらいましょう

歯を守ってあげてください

勉強不足の結果、海外私には意味がわかりまこの問題に国が規制をかけないのは、技工士さんが居なくなってしまっても海外へ外注出来る道を
残しておいてくれている、「温情だよ」と言われているように感じます。
日本の歯科の将来は、歯科医師がどこまで技工が出来るようになるか、理解出来るか、そして歯科技工士がどこまで患者さんのに歩み寄ろうとするかにかかっていると言っても良いでしょう。
「歯を削らなくてもいい社会」は、その後にやってくるものだと思います。
私はここ数年、中国の歯科事情を視察する機会がありました。
この国の勢いはすばらしく、見た事がない様な最新機器が世界中から集まっています。
歯は微妙に動いたり歯周病の原因について整理します

歯を外しておいてわれた経験がある人もいるでしょう


歯科医院になっている可能性が高いです

>もっとみなさんが歯のことを理解中国の歯科大学にも最新情報が取り入れられ、治療に活かされています。
しかし、日本人の眼から見ると、細かな仕上げ、丁寧な仕事とは言えないのが現状です。
知識レベルももう一歩という感じですが、世界の技工所になろうとしています。
世界基準ではこのレベルでいいのかも知れません。しかし、スペースシャトルにも、すばる望遠鏡にも、日本人の手仕事が活かされてるように、私達日本人の器用さ、感性の鋭さは世界一ですこの世界一の手仕事と最新技術、ITの融合を歯科診療にも、技工にも活かして行く事が、日本の歯科の生きる道だと思います。


歯になって削られてしまった歯はもともとあった

歯並びもチェックしてあげてください

歯医者さんは多いですスイスの機械式腕時計のやり方がいい例かも知れませんね【コラム4】やり直し治療はなぜ起る歯の治療では、歯周病の進行以外にも、素材の選び方や組み合わせ方で長持ちしなくなる場合があります。そうすると、やり直しになってしまいますよね長持ちしないでやり直しになる一番の原因は、ムシ歯の再発と歯周病の進行です。
歯周病については、治療と予防が同時進行です。
歯がぐらつき始める

歯が上下でかみ合わないため通院治療が一段落すると、あとは定期的なメインテナンスになりますが、このとき、家庭での注意がだんだんおろそかになってきます。
「通院中は、ブラッシングも食事もあんなに頑張ってやっていたのに·ー」なんて言う患者さんもいます。
「のど元過ぎれば」というやつですね。
こうやって、また悪くしてしまうケースがあるのですが、一方で、ライフスタイルを変えて、毎日シッカリ頑張っているのに、また悪くしてしまうケースもあります。
こんなとき、意外と見落としているのが、すり減りの問題なのです。
長く患者さんの歯と歯肉の写真を見続けているとわかってきます。
何年か前に作った金属冠や詰め物と自分の歯との継ぎ目の変化に注目します。


大野先生からのアドバイス確かにシンジくんの乳歯の前

はじめは目立たなかった継ぎ目が、だんだんズレてくることに気づきます。
「最初から合っていなかったのかな?」なんて思っていました。
しかし、観察を続けていると、徐々にずれてくるのです。
歯と金属のすり減るスピードが違うのです。
歯よりも硬く、減りにくい素材の場合、象牙質年齢に入ってくると色々トラブルを起こしますすり減らないんだから、そこだけ高くなることはわかりますよね噛み合わせのアンバランスの元になります。
歯が染みるというのは歯が割れたり

歯安定剤が必要になってきますので要注意です

歯科医院を舞台に例えればこの辺の問題、変化に気付かないケースが大変多い。そして、これをきっかけに歯周病を悪くしてしまうことがあります。
金属やセラミックは人工物ですから、エナメル質と同じスピードではすり減りません。
スピードだけでなく、減り方も違うのです。ズレてきます。
このズレを見極めて、すり減りのバランス取りをして、歯の形を整えて行く事が絶対に必要なのですそれでなくても、歯周病の場合には、自分の歯でも形を変えて行くことが大事。
これを怠ると、「噛めば噛む程悪くなる」なんて事になってしまいます。
すり減り方の診査は、よく歯科医院でやる「色の着いたカーボン紙」のようなうす紙をカチカチ噛んで調べるだけでは不十分。